開催日

令和2年度のみま町コスモスまつりについては、進展があり次第、随時ご報告させていただきます。




2017年4月25日火曜日

ポピーが見ごろです🌸

 当ブログは主に、みま町コスモスまつりの情報を発信していますが、一部町内の情報も掲載したいと思います。
 本日は、花つながりということで、宇和島市三間町にある、中山池自然公園内の花壇では、例年、ポピー栽培をしておりますが、現在見ごろを迎えております。
 ポピーの原産地は、ヨーロッパで、花言葉は、 「いたわり」思いやり恋の予感陽気で優しいだそうです。なお、中山池自然公園のポピーは、ゴールデンウイークまでは、見ごろが続きそうだと、管理人さんがおっしゃっていましたので、お出かけの際は、三間町に寄ってみてはいかがでしょうか??場所はこちらをご参考にしてください。




 
森の魚も健在です!!

2017年4月14日金曜日

花街道。

 宇和島市三間町則地区にある、県道31号線を西予市方面へ約2㌔ほど北上した、道路沿いに約1.2㎞続く花壇があります。このブログで紹介するとおり、毎年、秋のコスモスまつり時期には、地元の方々のご協力で、コスモス街道として綺麗な花街道にしていただいておりますが、今の時期には、赤と黄色のチューリップを植えており、チューリップ街道として見ごろを迎えています。
 あまりよそ見をしては危ないですが、ちょっと高所となる沿線の高速道路からも見ることができ、すごく綺麗です。今週末の天気は微妙ではありますが、お出かけの際は、桜に代わるお花見
スポットとして参考にしてください。






2017年4月5日水曜日

田植えが始まっています。

 ここ「宇和島市三間町」を、米どころとして名前をお聞きになったことがある方もいるのではないでしょうか。
 三間地区で生産されたお米は「三間米」ブランドとして販売されており、市内の道の駅などでお買い求めいただけます。
 その三間米は、美味しいと評判なのですが、美味しさの秘訣?として、お米を栽培する環境に恵まれていますので、その辺を紹介します。




 まず、作物にとって重要な「土」、三間町の土はとても粘土質で、保水力に優れており、粘りのある 美味しいお米ができると言われています。
 さらに、三間地区という場所が、温暖な気候である宇和島市の中にあって、標高が約150m に位置し、夏でも比較的涼しく、周りをぐるりと山に囲まれた盆地となっているために、昼夜の寒暖差も大きくて、美味しいお米を栽培するための環境が整っています。


 そして、昨日、町内のとある田んぼの風景を撮影しました。既に「田植え」 を終えている田んぼがありました。この三間地区でも、早めに栽培されているお米はコシヒカリですが、例年どおり順調に生育すれば、お盆前には販売されますので、ぜひ一度食べてみてください。